私たちは、
美味しい鹿肉を作るために情熱を注ぐとともに、
自然の恵みに感謝することを忘れず、
命と真摯に向き合って行きます。

北海道余市町から

北海道余市町は、積丹半島の東側の付け根に位置する自然豊かな町です。町の北側は日本海に面し、他の三方は丘陵地に囲まれています。

1年を通じて比較的温暖な気候で知られ、古くから人が定住し、約400年の歴史があります。りんご・ぶどう・梨などの生産では全道一を誇り、豊富な山海の幸を利用した食品加工が盛んです。ウィスキーやワインも有名で、夏には観光地としても人気が高く、多くの人々が余市町を訪れます。

EBIJINは、そんな自然豊かな余市町で獲れたての新鮮なエゾ鹿肉を加工販売しています。口コミで少しづつ広がり、現在ではネット販売を中心に、道内のレストランや飲食店への卸販売も行っています。

ジビエ肉が注目されている一方で、ハンターの高齢化が進み、大きな問題になっています。また、エゾ鹿の増加による農作物への被害は深刻で、余市町も例外ではありません。

EBIJINでは、農家さんから直接依頼を受け、実際に自身の足で現場を歩きながら、被害状況を確認しています。

私たちは、美味しい鹿肉を作るために情熱を注ぐとともに、自然の恵みに感謝することを忘れず、命と真摯に向き合って行きます。